介護付有料老人ホームの利用を考えている方、または考えている御家族の方にとって着目するひとつの項目として、食事が挙げられます。


介護付有料老人ホームを利用する方は、殆どが高齢者です。



人間は年齢を重ねる事で、手足の筋力低下や関節が硬くなる、動かしにくくなる事は誰もが知っている事と思います。

しかし、これらの症状は手足だけでなく、食べ物や飲み物を飲み込む筋力も平行して筋力低下が起こってきます。若い世代の方や、働き盛りの世代の方が飲食をする場合、むせる事は誰にでもよくある経験かと思います。

私たちは食べ物を噛んで、飲み込む際、または飲み物を飲み込む際に反射的に飲食物が口の中から食道を通って、胃の中に送り込まれる仕組みになっています。

それが何らかの影響で気管に入ってしまう恐れがある場合、むせるという反射的な動作が起こります。

しかし、高齢の方の場合はその反射が遅くなっている、または反射があっても、十分に機能しない為に、気管に飲食物が入ってしまい、それが肺まで到達すると、肺炎を引き起こしてしまう原因のひとつになっています。

介護付き有料老人ホームの情報サイトはこちらです。

その為、介護付有料老人ホームを利用する高齢の方にとって、食べる・飲む行為というものは十分に注意を払う必要があります。

介護の現場では入所されている一人一人方の飲み込む筋力や、噛む力を確認した後に、その方にあった飲食物の形態を判断する事になっています。

Reuters情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

お肉であれば柔らかく煮る、一口の大きさカットする。

芋類も同様に一口で噛み易い大きさや柔らかさに調理する。

飲み物もむせてしまう危険がある場合はトロミをつけて、安全に水分摂取できるようにするなど、多種多様に一人一人の食べる能力に合わせた食事を提供してくれます。

介護付有料老人ホームの利用を考えている方々にとって、味や豪華さだけでなく、安全に食べられるように検討できているかという点も、確認が必要です。