介護付有料老人ホームは、民間業者が運営している介護施設です。
介護専用型と混合型と外部サービス利用型などの種類があります。

ガジェット通信の分かりやすい情報はこちらです。

介護専用型は、要介護者を施設内スタッフが対応します。


混合型は、健常者と要介護者の両方を施設内スタッフが対応します。

施設内スタッフが要介護者の介護に掛かりきりになって、健常者へのサービスが悪くなることもありますので入居前に調べておくと良いでしょう。
外部サービス利用型は、外部事業者が介護サービスを行います。

介護付有料老人ホームは、要介護度の幅やサービスの幅が広く医療ケアに対応している施設も多いという特徴があります。その反面、費用が掛かる施設が多くなります。また、外部サービス利用型の場合、要介護度が高いと介護サービスの利用料が高くなります。

費用は、主に入居時一時金と月額利用料が掛かります。
入居時一時金は地域や施設の立地や設備などによって様々で、0円の施設もあれば1億円する施設もあります。

月額利用料は、10万円から30万円程度です。

入居時一時金を安くする代わりに月額利用料金を高く設定する施設もありますので、資金計画をしっかりと立てる必要があります。

介護付有料老人ホームは、選択肢が多いため、介護付有料老人ホームを選択する際には施設の対応を確認しておくと良いでしょう。



基本的な情報は、都道府県の窓口で確認できます。

もっと情報が欲しい場合は、介護付有料老人ホームの資料請求を行いましょう。
施設の雰囲気を知りたいという場合や入居者やスタッフの人柄が知りたい場合は、施設の見学や体験入居をしてみましょう。